ヘルメットな日々

無垢の木の家での暮らしを中心に、気楽に気ままに綴っていきます
kurumaza.exblog.jp
by happy_seed
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プライド
2005年 11月 25日 |
いま耐震構造計算書偽造が大きな話題になっています。
いろいろな報道を目にして思ったことを少しだけ。

ボクもあの姉歯氏と同じ1級建築士の資格を持っています。
簡単に取れる資格では無いことは確かですが、それほど大そうな資格ではないのも確か。
この業界では持っていないと困る事はあっても、持ってるからどうだって事もありません。

建築士が出来る業務は、大きく設計業務・管理業務業務の2つで、
木造建築士・2級建築士・1級建築士の違いは、担当できる建物の規模が違うだけです。
ボクはこの資格により施工管理を行っており、姉歯氏は構造設計を行っているという訳です。

ちなみに設計士法によると“設計”とは、
「その者の責任において設計図書を作成することをいう。」
となっています。<今調べました。(^^;)



今回の事件の姉歯氏ですが、報道を見る限りこの責任を完全に放棄しています。
業務内容も立場もまったく違いますが、同じ建築士としてみて欲しくありません。
建築士としてというより、技術屋としてのプライドがまったく感じられません。
情けないというより悲しい気持ちさえします。

また姉歯氏は依頼を受けた会社から圧力を受けたと発言したらしいですが、
名前を挙げられたデベロッパーも施工会社も関与を全く否定してるらしいです。
しかしこんな事はありえません。誰かが嘘をついています。
何故なら姉歯氏が鉄筋減らしても、その労力が減るわけでなく(増すと思われる)、
ましてや減った鉄筋工事費分、彼が得する訳ではありません。
どこかの会社は又は名前の上がった3社すべてが圧力をかけたのも?と思います。

いずれにせよ、姉歯氏への報奨金?なるものが帳簿上に出てくれば、
誰が嘘をついているのかは明らかになるでしょう。
早く明らかになって欲しいですし、その会社に相応の処置がとられることを望みます。

出来てしまった建物は・・・
昨夜のTVで問題のマンションの設計図がちらっと映ったのですが、
コメントしていたどこかの構造屋の先生の言葉を借りれば、
「5階建てなら持つがこれで10階建てはありえない!!」とのこと。
構造とは畑違いのボクでさえ、ちらっと見えた柱筋はとても10階建てとは思えませんでした。
これが何故申請が通ってしまうの?という問題はさておき、
出来てしまった建物はとても構造補強で直る?レベルでは無いでしょう。
それぞれ偽造の程度はあるのでしょうが、普通に考えれば取り壊して建て直し
しか無いように思われますが。。。

問題はまだまだ広がっていくでしょう。


少しだけのつもりが長くなっちゃったな・・・(^^;)
[PR]
by happy_seed | 2005-11-25 23:32 | 日記 |
<< 間取り作り・その後 ページトップ とんだ誕生日 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon