ヘルメットな日々

無垢の木の家での暮らしを中心に、気楽に気ままに綴っていきます
kurumaza.exblog.jp
by happy_seed
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
竣工式
2006年 02月 02日 |
本日は大安吉日。竣工式がありました。
e0051142_125953.jpg

完成した建物の1階で式典が行われました。
お客様関係者と設計・施工関係者の合計30人ほどが出席。
地鎮祭と上棟式をお願いした近所の神社の宮司さんに今回も来ていただき
全員で工事の無事竣工を感謝しお祝いしました。



今回は竣工式の前に定礎式も行われました。
20年近く現場をやっていて、これ程しっかりとした定礎式は2回目の経験です。
珍しい機会だと思い記事にしてみました。
e0051142_195514.jpg

定礎石の後ろに納める定礎箱の中身です。
現在使われている通貨一式、本日の新聞、社員名簿、工事に携わった会社名、設計図
などが銅製の箱に入れられています。
一種のタイムカプセルですね。
何十年後かにこの建物が解体される時に開かれる事になるのでしょう。
e0051142_1132962.jpg

玄関脇の定礎石の後ろにステンレス製の箱を仕込み、その中に社長さんが
銅製の箱を入れられ、蓋をしたのち密閉されました。
e0051142_1161393.jpg

文字が読みにくいですが、定礎石です。
今回は大盤の壁石に直接文字が掘り込まれています。
この文字は社長さんに書いてもらった「定礎」という字をそのまま使っています。

ある程度の規模のビルにはよくこのような定礎が作られますが、
後ろに定礎箱まで納めるのは、(自分の経験から)それ程多く無いような気がします。

今後この建物の前を通るたびに、今日の事を思い出す事でしょう。
[PR]
by happy_seed | 2006-02-02 23:58 | 日記 |
<< 残像 ページトップ 無事に引渡し >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon