ヘルメットな日々

無垢の木の家での暮らしを中心に、気楽に気ままに綴っていきます
kurumaza.exblog.jp
by happy_seed
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
週末の出来事
2006年 02月 21日 |
正月休みが明けてから仕事の追い込みで忙しく、土曜はずっと出勤してました。
なんとか無事に引渡しも済み、この週末は今年初めて土日を続けて休み
家族で1泊スキーの予定でした。

土曜日は朝5時に起きて、すばやく身支度して一路中央道を長野の駒ヶ根へ。
目的地の伊那スキーリゾートに予定通りに到着し、リフト券を買って、
子供のレタルスキーを借り、これからリフトで上に上がるぞという時に
K子さんの携帯がなりました。



K子さんの父親が朝自宅で倒れていたのが見つかって病院に運ばれたとの事。
すぐにスキー場から退き帰し、直接実家のある三河方面の某市民病院へ向かいました。

義父と義母は諸事情からそれぞれひとり暮らしをしています。
働いている義母はまだしも、すでにリタイヤしK子の実家でひとり暮らしの義父は
急病で倒れたりしたら誰か見つけてくれるだろうかという不安が以前からありました。
今回は義父のゲートボール友達が、お誘いの電話に出ない義父を
いつもと違うぞと不安に思い、義父が仲良くさせて頂いてる隣家の方に連絡してくれた事で
早期に発見することが出来ました。

ノンストップで三河まで帰り、病院に着いたと同時にK子はダッシュで聞いていた病室へ。
ボクと子供は駐車場に車を止めて病室へ駆けつけました。
義父は娘と孫を待っていたかのように、その後5分もせず呼吸が止まってしまいました。
胃か腸の中で大量に出血した事によるショック死との事でしたが、
解剖を断った為に原因は特定できていません。
お正月にも一緒に過ごし、先日までゲートボールに明け暮れていてまだまだ元気だと
夫婦で信じていたのですが・・・

K子は一人娘なので、彼女が喪主を勤めました。
バタバタと葬儀屋と打合せを行い、一昨日にお通夜・昨日に告別式を行いました。
葬儀はどんどんモノゴトを決めていかないと何も決まらずコトが進んで行きません。
ボクの妹(K子の同級生)と弟が手助けしながら進めましたが、
本人は式が終わって皆が帰り、自分の実家に戻るまで、義父を偲んで
悲しみにくれる間も無かったでしょう。

今日はボクは午前中は出勤して、昨日のフォローと明日以降の仕事の段取りをし、
子供の帰宅に合わせて早退してきて自分の家の片付けをしています。
K子はひとり実家に戻り、あいさつ回りや実家の片付けをしています。
誰もいなくなった自分の実家で、やっとひとりで父の死を悲しむ事が出来てると思います。

この三日間に色々なことを考える機会がありました。
老人のひとり暮らし・近所や友人との付き合い・親子のこと・夫婦のこと・信仰のこと・・・
湿っぽくなら無いように、いくつか記事にしてみるつもりです。
[PR]
by happy_seed | 2006-02-21 16:25 | 家族 |
<< 3月になりました ページトップ 間取りで考えてること >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon