ヘルメットな日々

無垢の木の家での暮らしを中心に、気楽に気ままに綴っていきます
kurumaza.exblog.jp
by happy_seed
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
どこまでも行こ~う!!(後編)
2009年 03月 31日 |
少しもったいぶって時間が空いてしまいましたが、今日はG太の自転車小旅行の後編です。

本人に後で聞いたところ、浜松駅に着いた時点で所持金は400円程度だったとのこと。
晩御飯におにぎりでも買おうとしたところ、前述のレシートをお札と間違えてたのに気が付き、
あわてておにぎりを止めて嵩の大きなパンにしたらしい。

はじめは本当に夜通し走って帰ろうとしたらしいが、寒さと疲れで豊橋駅で仮眠を決める。
この時点で走行距離は約140km。
よくそこまでもったというか、決断が遅いというか・・・(^^;
想像するに時間は深夜2時~3時くらいだったのか!?
でも結局ほとんど寝ることは出来ずに朝を向かえ、8時頃に再度家に連絡を入れている。

現在豊橋にいる事と、走ってそのまま帰るつもりであること。
そして所持金が底を付きそうで、電話終わった時点で47円だった(本人談)とのこと。
その時間はボクはすでに職場に着いており、電話で話したK子さんは、
家で留守番してる次男AOにお金を預けておくので、自転車をどこかにおいてタクシーで帰ってきたら良い。
もしくは電話しておくので豊橋の隣の市である豊川市にいるボクの妹の家に寄って、
お金を借りたら良いとG太に勧めたらしい。

この日は勤めに出てたK子さんから、昼休みにこの電話の話を聞いたのだが
ボクはなんとなくG太はどこも寄らずにそのまま自転車で走ってるような気がしていた。
留守番のAOに電話して、G太が帰ってきたらすぐに連絡するように言っておいたが
帰宅までついにその連絡は入らなかった。

e0051142_027155.jpg

本人に聞いてたどってみた帰路ルート(クリックで拡大)
豊川稲荷に寄ってない分、そのまま帰っても変化がなくて面白く無いと、いくらか遠回りして帰ってきてる(笑)



先回の記事のように、結局自力で往復約200kmを走り通し、夕方17時過ぎに自宅へたどり着く。
時間的にも走行距離からも相当へばっているかと思っていたが、思いのほか元気があって驚いた。

朝に豊橋を出てからは、距離的には60数kmだったのだが、一日中ずっと向かい風だったのと
上り坂が多くて自転車を引っ張って登るような箇所が多く、相当辛かったようである。
飲み物は前日に1リットルのスポーツドリンクを買っていて、それを飲んで喉の渇きは癒せたらしいが
食べたのはコンビニで買った2個のお菓子(31円と10円・・・)だけで、空腹もこたえたようだ。
家に着いた時点で所持金は6円だったと、笑って答えるG太にこちらも思わず笑ってしまった。

e0051142_2432688.jpg

4/2 写真追加 この小旅行で唯一の記念品 サイフに入れたこれがお札に見えたばかりに・・・(笑) 

彼の行動のすべてはこれだけだが、ボクには本当に忘れられない出来事になった。
こちらから連絡が取れないと分かった時点で、本人を信じて待つしかなく、
もちろん心配がなかったわけではないが、きっと無事に自力で帰ってくるだろうとの思いに
しっかり応えてくれたG太にはまず感謝。

その無計画さは決して褒められたものではないが、自転車で走って前進していくのが楽しくて
方向を変えて家を目指したとたんに上がったテンションが下がってしまうのが分かっていたから
なんかそのまま前へ前へ走りたかったんだよ!というG太の言葉はなんとなく理解できる気がする。
とても同じ事が出来ない大人である自分には、その無謀さというか無鉄砲さが羨ましくも感じた。
ただただ前を向いて自転車をこぎ続けただけと本人は言うが、その目には何が映っていたんだろう?

静岡県に入ったところで太平洋に沈む夕日がとても綺麗に見えたとか、サラッと話してくれる
G太がなんだか急に大人びて感じたというか、もう子供じゃないのだな~って改めて感じたのだ。
本人が思っている以上にいい経験をしたな~と(本人には言わないが)ボクは確信している。

そして最後にオチが。。。

彼のこの無計画自転車小旅行は木曜から金曜に行われたわけですが、
この週末の土日に月曜は有給をとって、2泊3日の家族旅行に出かけていたのです。
行き先は2年半ぶりの海外旅行となる韓国でした。
つまりG太はこの家族旅行前日の夕方に帰ってきて、支度もそこそこにそのまま翌朝まで爆睡し
自身2度目となる海外旅行へ出発したのでした(^^
[PR]
by happy_seed | 2009-03-31 23:36 | 家族 |
<< 韓国旅行記・その1 ページトップ どこまでも行こ~う!!(前編) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon