ヘルメットな日々

無垢の木の家での暮らしを中心に、気楽に気ままに綴っていきます
kurumaza.exblog.jp
by happy_seed
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
OM工事始まる
2006年 10月 24日 |
日曜日の午前中に家族揃って現場に忍び込みました。(^^;

棟梁が前の現場の残工事に行っているので、木工事はそれほど進んでいません。
外壁の構造用合板がある程度仮付けされていたのと、サッシが搬入されていました。
e0051142_1923183.jpg

それと屋根の上でOM工事が始まっていました。
e0051142_19242751.jpg

他社の事例ではあまり目にしない(ボクだけ?)外付け南棟ダクトです。
最終的な板金工事後の形はまたいつかUPしようと思いますが、
なかなか面白い納まりを標準とされています。
e0051142_192611.jpg

夏排気は北側屋根のチムニーから直接出します。
目立つし水仕舞いの話もあるんですが、ハンドリングボックスから最短距離で
排気しようという考え方には納得できます。

内部で一番気になった事は・・・
1・2階とも天井はJパネルの表しとなっているのですが、抜け節がどうも気になるんです。
(当然ですが死に節は気になりません。)
構造材をそのまま表す事は大賛成なのですが、表しにするならばせめて天井面は
抜け節補修した(片面補修)パネルを使った方が良かったんじゃないかなぁ~と。
e0051142_1947881.jpg

        ↑控えめな写真です。全体的にはもちろん源平色がきれいです。

定価ベースで4000円/枚以上違うので、NETベースでいくらになるか知りませんが
結構な価格差は確かにあるのですが。。。
O谷さんに聞いてみたところ、以前は補修品を使っていたが、1年ほど前から
補修無し品にしているとの事でした。
ロットによる抜け節の多い少ないも実際にあるのでしょうが、事前に抜け節ありだと
解っていたら、一度はどうするか考慮してみたと思います。
といっても今更今更な話ですし、自分が今までの見学会で目に入らなかっただけのことで、
そのうちすぐに気にならなくなるとは思うのですが。



我慢できずに登ってしまいました。(^^;
e0051142_2024518.jpg

子供たちが楽しみにしている子供部屋のロフトです。
3畳ほどの広さですけど上手く使ってくれるといいな~♪
[PR]
by happy_seed | 2006-10-24 19:37 | 工事記録 |
<< 掘削真っ最中 ページトップ 照明のこと・その2 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon